head_title_eventnews
2017/07/21

筒井筒 ~いづつにかけし井筒安~

『 筒井筒 ~いづつにかけし井筒安~ 』
能(井筒)は有名な曲です。
能の魅力は見る時間、季節、空間。そして、その時の気分などで変化します。  
この度、井筒安の空間で演出する『井筒』。
   
さあ~どんな見え方、感じ方に…。 
その他にも体験や即興企画も考えております。一部でもわかりますが、昼と夜の演出の違いを通しで参加するともっと体感できます。  
お茶と井筒に因んだお菓子を頂きながら、能の世界を堪能しませんか。
お菓子は和菓子店 青洋さんに、今回だけのお菓子をご用意いただきます。
ー日時ー
2017年 8月26日(土)    
一部 14:00~16:00  ¥2,500-  
二部 18:00~20:00  ¥2,500-
定員 各20名
※お茶・お菓子と能体験 鑑賞 質疑応答時間含む   
ー出演ー    
観世流 能楽師 松野 浩行 
ー経歴ー 
観世流シテ方 昭和49年生 
京都市出身。幼少の頃より祖父の観世流能楽師・故松野良輝より指導を受け、1979年仕舞『合浦』にて発舞台。 1994年より十三世林喜右衛門師に指示し、2001年独立。 京都にて松野吟耀社を主催
ー企画ー
matobi
モノとコトを繋げる活動をしている企画メンバーです。メンバーには モノをデザインすることから 舞台を演出 する異色な人材が集結しています。
ーご予約ー
info@izuyasu.com
まで、お名前と人数、希望の部をご連絡くださいませ。
こちらからの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。
写真提供:ステファン・バルベリ

2017/06/23

第一回 井筒安でちょうば落語をきく会

落語でよく見るしぐさや、道具(扇子・手ぬぐい)を使った見せ方、想像力で楽しむ話芸の秘密がわかる落語レクチャーと本格落語の会です。

一時間だけでもわかる。

通しで参加すると、もっとわかる。

お茶とお菓子をいただきながら、落語の世界にゆったりひたりませんか?

 

お菓子は和菓子店 青洋さんに今回の為にあつらえて頂きます。

初級中級上級とも違うお菓子です。

どんな話に、どんなお菓子か。

井筒安でもこの日しか味わえない時間を、どうぞお楽しみに!

 

-日にち-

2017年7月23日(日)

 

-出演-

桂ちょうば/桂やっこ

 

-時間割-

初級編 13:00~14:00

    落語レクチャー+落語一席

    定員20名

    ¥2,500-

 

中級編 15:00~16:00

    お囃子+落語レクチャー+落語一席

    定員20名

    ¥2,500-

 

上級編 17:00~18:30

    落語三席

    定員20名

    ¥3,500-

-場所-

料理旅宿 井筒安

600-8156 京都市下京区東洞院下珠数屋町上る笹屋町272

 

-ご予約-

info@izuyasu.com

まで、希望の部、人数、お名前をお送りくださいませ。

こちらからの返信をもって、受付完了とさせていただきます。

 

 

桂ちょうばさんってこんな方!

 

<経歴>

平成13年 10月 桂 ざこばに入門

平成14年 3月 箕面「桂ざこばの会」にて初舞台

平成21年 12月 咲くやこの花賞 受賞

平成23年 10月 動楽亭にて10周年記念「10日間連続落語会」を開催

<趣味>

ギターの弾き語り、自転車、昆虫採集、ネットラジオ

関西の全ての駅を旅する事

<スポーツ>

陸上、マラソン、短距離走

<特技>

作詞作曲の歌を作る、椎間板ヘルニアと仲良く付き合う

<ちょうばよりコメント>

落語通の方だけでなく、落語初心者の方から見ても楽しんで頂けるように 明るく分り良いさわやかでおもしろい落語をするよういつも心がけております。 芸歴10周年を記念して10日間連続落語会を開催したり、いろいろな場所での主催地域寄席、

小・中学生を対象とする学校寄席に出向いたりと様々な取り組みを行ってきました。

小さなお子様からお年を召した方まで老若男女誰が見ても楽しめる「ちょうば落語」。

落語を初めて見るという方には是非「ちょうば落語」をオススメします!

<所属>

株式会社 米朝事務所

〒530-0047 大阪市北区西天満5-9-16-201

TEL 06-6365-8281

FAX 06-6365-6369 http://www.beicho.co.jp/

 

 

2017/05/22

刻を呑む ~七本鎗の夕べ~ by日本酒ガール

湖北に佇む創業470年を誇る酒蔵、冨田酒造。
新たな戦いを挑み続ける、冨田酒造15代目蔵元、冨田泰伸さんをお招きして、七本鎗の過去、現在、未来を味わうひととき。
「七本鎗」を醸す老舗蔵に受け継がれてきた歴史、そして未来への挑戦とは―。


冨田酒造の銘酒「七本鎗」と共に、新たなヴィンテージブランド「琥刻」にちなんで、刻を呑むのにふさわしい酒器や、室内の調度品などは、大津歴史博物館の学芸員でもあり、さすらいの鑑定士でもある横谷塾長に誂えて頂きます。
企画、進行は、日本酒ガール 松浦すみれ。

 

☆「七本鎗 冨田酒造15代目 冨田泰伸」
滋賀県の湖北、木之本町の北国街道沿いで、地酒造りを営む創業470年を誇る「冨田酒造」。若くして15代目を継いだ蔵元杜氏。
http://www.7yari.co.jp/


☆「横谷塾長」
大津歴史博物館の学芸員でもあり、瞬殺の鑑定師、歩く古美術辞典の異名を持つ、横谷塾長。独自の切り口で歴史の旅へと誘います。今宵限り、古の美と七本鎗とのセッションに乞うご期待。


☆企画/「日本酒ガール 松浦すみれ」
お酒の神様を祀る、松尾大社で巫女を奉職した後、ルポ&イラストレーターとして活躍。日本酒をこよなく愛し、全国の酒蔵を巡り、またまた気づけば酒蔵さんぽの本をうかり出版してしまった日本酒ガール。著書「日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ」
http://kyotosumire.jimdo.com/


☆「料理旅宿 井筒安」
東本願寺のお膝元、創業天保十年(西暦1839年)から代々受け継がれてきた数奇屋造りの京の料理旅宿。

 


日時:6月2日(金) 19時~

募集人数:12名

参加費:5,000円 井筒安特製 肴盛り付き

予約方法:下記アドレスまで、お名前/人数をメールくださいませ。

                        info@izuyasu.com

場所:旅宿井筒安
   〒600-8156 京都府京都市下京区笹屋町272
   (東洞院下珠数屋町上る)
   http://www.izuyasu.com/交通情報/
   http://www.facebook.com/izuyasu


主催:旅館井筒安

2017/02/15

英語で遊ぶ 百人一首かるた

旧暦の上巳の節句が終わるまで、井筒安に代々伝わる御殿のお雛さんを飾っています。

三月十二日の会は、そんな雛飾りもご覧いただきながら、百人一首かるたを英語で遊びます!

 

最初に、英語で百人一首の説明を受けてから、実際に英語版百人一首に挑戦します。

誰にでもなんとなく耳なじみある和歌が、英語でどう表現されるのか、遊びながら学んでいきます。

講師には、井筒安でもお世話になっている、イングランド出身の英会話講師Jamesをお呼びします。

小学生や大人まで幅広い層を相手に、レッスンをされているJames。

初心者編と中級者編との二部、ご用意しています。

会はすべて英語で行う予定ですが、英語・日本語両対応のスタッフがいますので、どうしてもわからない!なんて時もご安心ください。

 

今回も、百人一首カルタで奮闘して頂いた後は、和菓子店 青洋さんの和菓子をご用意しておりますので、お茶と一緒にお楽しみください。

 

3月12日(日)

≪初級者編≫

時間 13:30~

会費 ¥2,300- (+税)

人数 10名程度

和菓子店青洋の和菓子とお茶付き

※英語にあまり親しみの無い方を対象に、扱う札の数を減らして、一枚一枚に時間をかけて行います。

 

≪中級者編≫

時間 16:00~

会費 ¥2,700- (+税)

人数 10名程度

和菓子店青洋の和菓子とお茶付き

※ある程度の英語力のある方を対象に、初級者編よりも札の数を多くします。初級者からの続けての参加も可能です!

 

=講師=

 

Kia ora (hello)
I’m James Garrard.

I was born in England but grew up in New Zealand and have been living in Japan since 1999 So I’m quite international.

I have been all over Japan mostly on motorcycle touring having lived in Hamamatsu and Osaka but now consider Kyoto home.

I teach English at a kindergarten and also teach private lessons around Kyoto and Uji area.

I enjoy the outdoors:hiking (climbed Fuji 3 times) ,camping,swimming,
skiing,cycling and marathons.

   Hope to meet you soon

 

   James

 

=お菓子=

和菓子店 青洋

「わがしみせ せいよう」と読みます。
有職菓子御調進所老松で10年間修行をし、和菓子の美しさ、おもしろさ、美味しさ、可能性を多くの方に知っていただきたい!と思い、2012年3月に工房を構えました。伝統の技法を生かし、匂いを残しつつ、現代の生活スタイルに合う和菓子をご提案していければと思っています。

 

【予約方法】
info@izuyasu.com
に「英語で遊ぶ百人一首参加希望(初級者、中級者、両方)、お名前、人数」を明記の上、メールをお送りください。
こちらの返信をもちまして、ご予約完了とさせていただきます。

 

 

 

≪四月のイベントはお休みです。五月は学芸員横谷先生をお招きしての美術鑑賞・横谷塾を予定しています≫

 

2017/01/26

花背のワラで鍋敷き作り

2月のイベントは・・・

 

ご飯釜を置いたり、お鍋を置いたり、冬に限らず、何かと重宝する鍋敷き。

今回は、花背WARAとして、花背のワラを使った作品を手掛ける藤井桃子さんにお越しいただき、皆さんでご自分の鍋敷きをこさえて頂きます。(もちろん、使用するワラは花脊産です)

 

花背やワラのお話を聞きながら、和気あいあいとした会になればと思っています。

完成した最後には、和菓子店 青洋さんにお願いしております「ワラ」をテーマとしたお菓子と、花背のおばあちゃんがこさえた笹茶でほっこり一息して頂きます。

当日は、花背WARAのアクセサリー等の作品の販売もしていただきますので、どうぞお楽しみに!(お支払いは現金でのみ受け付けます)

 

2017年2月26日(日)

時間:14時開始

会費:3,740円(税込)

定員:8名

持ち物:エプロン

※会は2時間ほどを予定しております。

 

=講師=

花背WARA /藤井 桃子

生まれ育った、京都の山里“花背”を拠点に、昔ながらの「ワラ細工」の技術を地元花背のお年寄りの方々から伝授して頂き、その技術をもとにコンテンポラリージュエリーを主に制作しています。素材は花背の田んぼで育った、稲ワラと地元で刈り取ったシバクサ(ちまきの紐等で使われる)を使用しています。ワラの自然な温かみや美しさをアートやファッションとして今の生活に取り入れて頂くために、ワラの可能性を広げています。

http://hanasewara.com/

 

=お菓子=

和菓子店 青洋

「わがしみせ せいよう」と読みます。
有職菓子御調進所老松で10年間修行をし、和菓子の美しさ、おもしろさ、美味しさ、可能性を多くの方に知っていただきたい!と思い、2012年3月に工房を構えました。伝統の技法を生かし、匂いを残しつつ、現代の生活スタイルに合う和菓子をご提案していければと思っています。

 

【予約方法】
info@izuyasu.com
に「花脊WARA参加希望、お名前、人数」を明記の上、メールをお送りください。
こちらの返信をもちまして、ご予約完了とさせていただきます。

 

 

≪3月は英会話教師ジェームスを招いて、日本の文化を通じて英語に親しむ会を開催します。日にちは12日(日)です。また、旧暦までお雛様(御殿飾り)も飾っておりますので、併せてどうぞ。≫

 

2017/01/04

初春狂言~旅宿井筒安で狂言を知る・観る~

明けましておめでとうございます!
本年も倍旧のご贔屓の程よろしくお願いいたします。
皆様にとって佳き羽ばたきの年となりますよう。


二〇一七年一月二十二日
「初春狂言の会」を開きます!
狂言を知る、観るの二本立て。
昼夕趣向をかえて、お待ち申し上げております。
お茶菓子には、和菓子店 青洋さんに今回の為にこさえて頂いた和菓子を昼夕それぞれにご用意しております。

 

【昼 一時より~狂言を知る~】
狂言についてのお話を聞いた後、実際に狂言をしてみましょう。
お話+ワークショップ+即興狂言鑑賞
開場 13:00
開演 13:30
会費 ¥2,700-(税込)
定員 10名
※お茶とお菓子付き(夜夕でお菓子の内容が変わります)

 

【夕 五時より~狂言を見る~】
酉年にちなんで狂言『千鳥』の上演と即興狂言鑑賞。
ご希望の方にはお酒やおつまみも別途ご用意しております。ゆるりとお楽しみながらご参加ください。
狂言についてのお話もしてくださいますので、馴染みのない方でも狂言に触れる良い機会になろうかと思います!
開場 17:00
開演 17:30
会費¥3,780-(税込)
定員 15名
※お茶とお菓子付き(夜夕でお菓子の内容が変わります)

 

–講師–
 由谷晋一
2005年、京都大学入学と同時に、同狂言会に入会し、大蔵流狂言師
木村正雄、網谷正美に師事。同年「酢薑」の酢売で初舞台。様々な分野とのコラボレーションにも取り組み、昨年はアメリカ・テキサスでのコメディ公演にも出演。通訳案内士でもある。

 柳本勝海
1970年1月11日生。京都市出身。元能楽協会会員。狂言同好会の指導や公演、ワークショップなどを通じて、狂言の面白さの紹介に努める。毎年、国内外の大学や留学生のクラスでワークショップを指導する。書家でもあり、手習講「千鳥会」主宰。

–和菓子–
 和菓子店 青洋
「わがしみせ せいよう」と読みます。
有職菓子御調進所老松で10年間修行をし、和菓子の美しさ、おもしろさ、美味しさ、可能性を多くの方に知っていただきたい!と思い、2012年3月に工房を構えました。伝統の技法を生かし、匂いを残しつつ、現代の生活スタイルに合う和菓子をご提案していければと思っています。

会は昼夜どちらも一時間半~二時間ほどとなっております
続けてのご参加、昼のみ、夜のみのご参加どちらも歓迎いたします。

 

【予約方法】
info@izuyasu.com
に「初春狂言、お名前、人数、昼/夕/続けて参加」の旨を明記の上、メールをお送りください。
こちらの返信をもちまして、ご予約完了とさせていただきます。

≪二月は花背WARAの藤井桃子さんを迎えての鍋敷き作りを、26日に予定しています!≫

2016/08/24

秋が深まる井筒安week「味わいながら学ぶフランスワイン講座」

「味わいながら学ぶフランスワイン講座」

 

井筒安でもお世話になっているワイン輸入会社 アンフィニーの取締役会長・中谷實(なかたに みのる)氏にお越しいただきまして、フランスワインのあれこれをお教えいただきます。

フランスワインに造詣の深い中谷氏。どんな内容でもご用意させていただきます、との事でしたが一番最初の今回は、「肩肘張らずに、レストランで気軽にワインを楽しめるようになる講座を!」とお願いしました。
ワインを飲むことは好きだけど、どれを頼めば自分の好みが出てくるのか?、食べてる料理に合うワインって?という疑問お持ちの方、また今回は、テイスティ ング用に産地品種別に6種類のワインをご用意くださいますので、産地・品種への理解を深めたい方にも興味深い内容になっております。

数に限りがありますが、販売用のワインも数本ご用意しております。

■中谷 實(なかたに みのる)
昭和54年12月1日株式会社JALワインハウスに入社(現ジャルックス) 10年間勤務。ワインを学ぶ
平成2年1月26日 株式会社アンフィニー設立。フランスワインとドイツワインの輸入業を始め、特にブルゴーニュワインを主に取り扱い現在に至る。
現在はワインアドバイザーとして仕事に従事。
 株式会社 アンフィニー 取締役会長

 

2016年9月9日(金)
時間 19:00~21:00(予定)
定員 10人
会費 ¥4,500-
※要予約

= ご予約方法 =
info@izuyasu.com 宛に、参加希望のイベントとお名前、参加人数をお送りください。
こちらからの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。

2016/08/18

秋が深まる井筒安week「あやふ屋」

平日と土曜の午後、井筒安のとある客室で・・・

*
「あやふ屋」 ※予約不要
2016年9月7日〜9月10日
14:00~18:00頃

誰でも気軽に、欲しいものがあっても無くても覗きにきてください。 そして、思いもしなかったものに出会って、持ち帰ってください。 茶道具主体ですが変なモノ多数。 売ってる以外に遊んでいます。

 

=遊びその壱=
「値札めくり」一回300円。商品の値札は全部裏返っていますので、値段が当たればそれをお持ち帰りいただけます。値段は店主の独断と偏見と好き嫌い。(御一人さま一回)

=遊びその弐=
「さいころ」一回500円。商品を選んで店主とさいころ振り合って、同じ目が出たらお好きな商品お持ち帰り。 ころころしましょう。(1万円以下のものに限ります)
※事前にご連絡いただきましたら、店主が喜ぶそうです。

 

easy auction & gallery tea makerは『道具屋』ではありません。 最も重点を置いているのは美味しいお茶を飲むこと。 その為に、多くのお茶をする人の手助けをさせていただいております。
店主 宮原 隆洋

2016/08/14

秋も深まる井筒安week「古本屋 小亀屋」

出入り自由で毎日開催!

 

井筒安一階の中待合(お庭の前)に、亀岡の古本屋さんがやってきます。井筒安やその周りの方々が好きそうな本、を選んでくださいました。どんな本が並ぶのか、楽しみです。

2016年9月7日~12日
12:00~21:00頃
¥本それぞれに記載
※12時からイベント終了まで

 

====================

 

小亀屋は、京都府亀岡 市の古書店です。
店舗はありませんが、ネット販売と
京都の古本まつりに出店、
美術書を中心に、哲学、宗教からサブカルチャーまで
幅広く取り扱っております。

最近は、京都に関する資料、近代文献に興味があり
そこに残された文字や写真。絵画を通じてしか、
触れることの できない「過去」
というものが沢山あるものだと感じております。

大切にされてきた、思い入れのある本を
必要とされる方に、届けられるよう
お役に立てればと、思っております。

 

京都古書組合 加盟 小亀屋 寺本直樹

2016/08/11

秋も深まる井筒安week「今禅定」

京都アンティーク着物 宮川徳三郎商店 企画

「今禅定(いまぜんじょう)」

 

■ 五感ほぐれる、坐禅体験 ■

日本には、古来から「お彼岸」という季節の風習があります。 お彼岸とは、季節の変わり目である「春分の日」と「秋分の日」の前後3日間を入れた一週間をいい、「祖先を尊ぶ期間」として古くから知られています。

禅の世界では、六波羅と言われる6つの修行を、悟りの世界つまり「彼岸」の境地への到達を目指し行います。

本ワークショップでは、修行のひとつである「禅定(坐禅)」に注目し、

揺らめくろうそくの灯りの中で坐禅の初歩的な取り組み方から始まり、食やお酒が伴う坐禅を体験していただくことで、五感を優しくほぐしストレスフリーな時間を感じていただくことを目的とします。

現代では、医学的視点より坐禅のメカニズムが解明され、季節の変わり目による体調不良を坐禅により交感神経をコントロールすることで、メンタルから体調管理をすることが可能であると言われています。

このワークショップを通し、現代の生活の中に少しでも「坐禅的要素」を取り入れ、より心地いい生活を過ごすきっかけとなれば幸いです。

 

■ 3つの流れで坐禅を体感 ■
1、はじまりの禅定
 基本的な坐禅の取り組み方を講義してもらった後に実体験。

2、味覚の禅定
 ほのかに揺れる灯りの中で、坐禅中に一汁一菜を味わう。

3、酔いの禅定
 京都の地酒を味わい、少しほろ酔いで気分で坐禅。

 

—————————–
日程:9月11日(日)

受付開始:18:30
開始時間:19:00
終了時間:21:00

会場:井筒安
定員:10名

参加費:5000円

※要予約
—————————–

 

■講師
松浦秀隆
曹洞宗 黄梅寺副住職
お盆で忙しいため、プロフィールはお盆明けに!

■企画
宮川徳三郎 
着付け師・着物スタイリスト
宮川徳三郎商店四代目店主
1972年京都生まれ。
大学在学中は流体力学専攻。大学院卒業後、単身渡米。日米にて船大工の経験を経て、2000年家業の呉服屋を継ぐ。2003年自ら倉庫を改装し、宮川徳三郎商店をオープンする。
宮川家に代々引き継がれるスタイリング・メソッドと気持ちを引き出すコミュニケーション術とを組み合わせた着物スタイリングを得意とし、アーティストやイ ラストレーターとの着物制作や雑誌・メディアでのスタイリングを担当。2015年太秦江戸酒場にて「花嫁道中」をプロデュースし、伝統工芸の職人たちと実 演。 また、着物スタイリングブランド「Qu’il monu(キュィル・モーニュ)」 のディレクターとしても活動中。

 

≪ご予約方法≫
info@izuyasu.comまで、イベントタイトルを明記の上、お名前参加人数をご連絡ください。
ご予約は、こちらの返信をもって予約完了とさせていただきます。

Top